新着情報|徳生光央海事事務所

徳生光央海事事務所
船舶・船員・港湾の手続代行
新着情報

■該当件数111件中<1 ~ 10を表示> 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 次へ> 

2017年3月12

本郷英幸氏の水中写真展「海底色彩 Be Colorful」のお知らせ

4月14日よりオリンパスプラザ東京・クリエイティブウォールにて開催される本郷英幸氏の写真展「海底色彩 Be Colorful」のお知らせです。「まるで絵本やおとぎ話から抜け出してきたかのようなやさしい色」をテーマに、普段の生活からは想像できないような海の中のやわらかな色合いや不思議な色世界を水中マクロのみで表現します。展示は約20点を予定します。撮影は、日本各地(大瀬崎、奄美、沖縄本島、万座、残波、石垣など)です。この1年で撮影したものが主になります。

◆展示名:本郷英幸 写真展「海底色彩 Be Colorful」
◆場所:オリンパスプラザ東京 クリエイティブウォール
◆会期:2017年4月14日(金)〜4月19日(水)
◆時間:11:00〜19:00 ※最終日15:00まで
◆入場無料




2017年2月25

ジャパンインターナショナルボートショー2017

今年も、ヨットをフローティング状態で展示するジャパンインターナショナルボートショーが横浜で開催されます。ボートやヨット等の展示の他、主催者による企画展示、体験乗船、ステージでのマリン講座やトークショー、3月3日(金)はプレミアム・ナイトとして音楽を楽しみながら夜のボートショーもあります。

期間:2017年3月2日(木)〜5日(日) 4日間
時間:10:00〜17:00
会場:パシフィコ横浜(屋内展示)
   横浜ベイサイドマリーナ(フローティング展示)
入場料: 一般 1,200円/高校生以上(中学生以下無料)




2017年2月10

船舶職員及び小型船舶操縦者法施行規則の一部改正

 法は、小型船舶操縦者(船長)は、小型船舶に乗船している者が船外に転落するおそれがある場合として国土交通省令で定める場合には、船外への転落に備えるためにその者に救命胴衣を着用させることその他の国土交通省令で定める必要な措置を講じなければならない旨規定します(船舶職員及び小型船舶操縦者法23条の36)。
  国土交通省令で定める場合として、船舶職員及び小型船舶操縦者法施行規則137条第1項は、航行中の特殊小型船舶に乗船している場合(1号)、12歳未満の小児が航行中の小型船舶に乗船している場合(2号)、航行中の小型漁船に一人で乗船して漁ろうに従事している場合(3号)、前各号に定めるもののほか、小型船舶の暴露甲板に乗船している場合(4号)を規定します。
 しかし、@同項1号乃至3号は義務規定ですが、4号は努力義務に過ぎず規制としての効果が薄いことが指摘されていました。A漁船やプレジャーボートから海中転落した場合、救命胴衣を着用することにより生存率が高まるにもかかわらず、着用率は3割前後と低い状況でした。
  そこで、法は、小型船舶操縦者(船長)は、原則として小型船舶の暴露甲板に乗船している場合(4号)について救命胴衣の着用義務を課しました。なお、救命胴衣を着用させていない場合、小型船舶操縦者(船長)に違反点2点を課し、違反点が累積すると免許停止などの処分を受けることになります。




2016年12月7

中国の大手海運会社 釜石港を定期航路に追加

中国の大手運会社SITCコンテナラインズは、12月9日、苫小牧、八戸、仙台、横浜を結ぶ定期航路に釜石港(岩手県釜石市)を追加させることにしました。同社の日本総代理店SITCジャパン(東京都)が「ホワイトエクスプレスライン」として週1便運航するコンテナ船が寄港します。従来、苫小牧、八戸、仙台、横浜を航路としていましたが、今回釜石港を寄港地に加えました。 現在、釜石港では中国の世界的海運会社OOCLが国際コンテナを取り扱っており、中国の主要港とアジア広域に航路を持つSITC参入で荷主の選択肢が増えることになりました。




2016年11月29

遠洋航海における洋上投票の要件緩和

遠洋航海での海洋実習を行う水産高校の生徒に対し、洋上投票を認める改正公職選挙法が11月28日の参院本会議で全会一致で可決成立しました。

 従来、選挙権の年齢は20歳以上でしたが、18歳以上とする改正公職選挙法が成立しました(改正公職選挙法9条1項2項、地方自治法18条関係)。
 しかし、18歳選挙権が導入された改正後でも、遠洋航海での海洋実習を行う水産高校の生徒が、船内からFAXで投票する洋上投票を行う場合、選挙権を行使できない状況になっていました。
 洋上投票とは、選挙期間中に遠洋航海に出ている船員が、国政選挙の公示翌日から投票日前日までの間に船上からFAXで投票できる制度をいいます(公職選挙法49条7項)。洋上投票には、船員として船員手帳(船員法83条)を提示し、選挙人名簿登録証明書の交付を受けておく必要があります(公職選挙法施行令18条)。
 船員とは、日本船舶又は日本船舶以外の国土交通省令で定める船舶に乗り組む船長及び海員並びに予備船員をいい(船員法1条)、水産高校の生徒は含まれません。
 水産高校の生徒は、船員法上の「船員」に該当せず、船員手帳と選挙人名簿登録証明書の交付を受けることができないため、洋上投票ができません。
 そこで、改正公職選挙法は、洋上投票の要件を緩和し、海洋実習で遠洋航海に出ている水産高校の生徒に対し、洋上投票を認めることにしました。




2016年11月24

外国籍プレジャーボートによる不開港場寄港の特許申請について

 法は、原則として、外国籍プレジャーボートによる不開港場に寄港することを禁止しています(船舶法3条)
 しかし、例外として、@法律や条約に規定があるとき、A海難等を避けるとき、B国土交通大臣の特許を得たときに限り、外国籍プレジャーボートで不開港場に寄港することができます(同条但書)。
 不開港場とは、開港場以外のすべての領海をいいます。開港場は関税法施行令別表第一に規定されています。なお、宮城県内の開港場は「石巻港」と「仙台塩釜港」です。
 よって、外国籍プレジャーボートで不開港場に寄港する場合には、国土交通大臣への特許申請が必要となります。特許申請は、下記の必要書類を地方運輸局に提出して行います。
 なお、特許を受けないで寄港した場合、船長は2年以下の懲役、又は100万円以下の罰金に処され、また、当該船舶を没収されることがありますのでご注意ください(船舶法23条)。

(必要書類)
申請書(2部)
寄港地リスト
船舶国籍証書の写し
乗組員のパスポートの写し
寄港地のS-GUIDEや地図等
その他

(船舶法3条)
日本船舶ニ非サレハ不開港場ニ寄港シ又ハ日本各港ノ間ニ於テ物品又ハ旅客ノ運送ヲ為スコトヲ得ス但法律若クハ条約ニ別段ノ定アルトキ、海難若クハ捕獲ヲ避ケントスルトキ又ハ国土交通大臣ノ特許ヲ得タルトキハ此限ニ在ラス




2016年10月27

日本小型船舶検査機構による性能鑑定済マーク(CSマーク)

 従来、法令による性能基準の適用がないライフジャケットについては、製造者が独自の判断基準の下で製造していました。
 しかし、一定の基準(業界等が策定した性能基準)を満たしていること利用者が容易に認識できる制度を確立すべきとの要望がありました。
 そこで、日本小型船舶検査機構(JCI)は、事業者からの申請のあった物件に対する『性能鑑定』を行う業務を平成28年4月から開始し、今般当該申請のあったライフジャケットについて第1号の性能鑑定済マーク(CSマーク)の認定を行い、商品の出荷が開始されました。
 なお、CSマークが標示されたライフジャケットは、法令による性能基準とは異なる基準によるものであるため、小型船舶の法定備品としては利用できません。




2016年10月26

水中写真家小川保氏の写真展『座頭鯨 Humpback Whales 2016』 

 長年ザトウクジラの撮影に携わってきた水中写真家小川保氏と同船で撮影する仲間が、11月1日〜6日に横浜・みなとみらいギャラリーにて写真展を開催します。小川保氏は、月間「マリンダイビング」等で活躍した水中写真家です。
 写真展は、沖縄・久米島、鹿児島・奄美大島等を舞台に巨体を翻すザトウクジラの迫力のシーンをとらえた約40点の写真が展示されます。今回は写真のみならず、墨絵画家・涌井陽一氏のザトウクジラの墨絵も展示されます。

【写真展】『座頭鯨 Humpback Whales 2016』

【特別出展】涌井陽一氏(水墨画家)

【日時】2016年11月1日(火)〜11月6日(日)
    午前11:00〜午後19:00(初日15:00から、最終日17:00まで) 入場無料

【会場】みなとみらいギャラリー ギャラリーB
    〒220-0012 横浜市西区みなとみらい2-3-5




2016年9月9日

外国漁船の寄港許可申請

 従来、公海等に棲息するマグロ類等の魚種については、関係国が地域漁業管理機関を設立し、資源管理のための措置を講じ、我が国漁業者も当該措置を遵守してきました。
 しかし、@近年、これらの措置に反し無秩序な操業を行うIUU漁業(違法漁業、無報告漁業及び無規制漁業)が問題化し、特にIUU漁業のうち地域漁業管理機関に加盟していない国の船舶が行うものについては、地域漁業管理機関による監督が及ばず、その対策が困難となっていました。A外国漁船が本邦の港に寄港する場合、外国政府機関が発行した積出証明書が添付されているIUU漁獲物等の本邦への陸揚げ又は他の船舶への転載のみを目的とする場合には、例外的に寄港許可が不要となり、IUU漁獲物等の本邦への陸揚げ等を規制することができませんでした。
 そこで、法はIUU漁獲物等を新たに外国人漁業の規制に関する法律4条の2の「特定漁獲物等」として政令指定とし、IUU漁獲物等については、外国政府機関が発行した積出証明書が添付されているか否かにかかわらず、本邦への陸揚げ等を目的とした外国漁船の寄港を禁止することができる旨規定しました(外国人漁業の規制に関する法律4条の2)。

外国漁船は、寄港許可申請を行う場合、船舶代理店を通じて、水産庁管理課(東京)、地方漁業調整事務所に以下の書類を提出します。

・外国漁船寄港許可申請書
・委任状
・外国漁船入出港連絡(出港後に提出。)
・積込予定品明細書(積込みのある場合)
・点検・修理明細書(点検・修理のある場合)
 原則、寄港予定日の7日前までに申請します。ただし、土曜、日曜、祝祭日を除きます。

(外国人漁業の規制に関する法律)
法は、外国漁船の船長は、当該外国漁船を本邦の港に寄港させようとする場合には、次に掲げる行為をすることのみを目的として寄港させようとするときを除き、農林水産省令で定めるところにより、農林水産大臣の許可を受けなければならない旨規定します(同法4条第1項本文)。

法は、外国漁船の船長は、前条の規定にかかわらず、特定漁獲物等を本邦に陸揚げし、又は他の船舶に転載することを目的として、当該外国漁船を本邦の港に寄港させてはならない旨規定します(同法4条の2)。




2016年8月24

横浜フローティングヨットショー 2016年

横浜フローティングヨットショーは、ヨットが本来あるべき姿「海に浮かんだ状態」で展示されるヨットショーです。 今年で21回目を迎える伝統あるヨットショーです。展示されるヨットは、日本で販売されている国内外の最新ヨットです。陸上展示のコーナーには、セール、艤装品、マリンウエア、各種サービスのブースも出展し、ヨットオーナーのための各種セミナーも開催されます。

日時:2016年9月30日〜10月1日 10時00〜17時00分

場所:横浜ベイサイドマリーナ(横浜市金沢区白帆1)

(お問い合わせ先)
〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-17
ストークベル浜松町 (株)舵社内
ヨコハマフローティングヨットショー事務局
TEL. 03-3434-5181
FAX. 03-3434-2640



■該当件数111件中<1 ~ 10を表示> 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 次へ>